一年が経ち・・・

今日はアピィの命日です。
この一年は長かったのか短かったのか・・・よくわかりません。
s-b (2)


ただ6月が近くなるとアピィの病状が厳しくなってきた時の事を思い出してしまいます。
診察はもうしないときめてからは先生に現状をお話してひとりで薬を受け取りに走りました。
最後の数日は薬も受け付けなくなったのでやめました。
それでも大好きなスイカだけは食べる!といって少し食べられた。
アピちゃん・・・スイカのお届け物には嬉しかったねぇ♪

それでももうそんなに時間もなかったのよね。
アピィパパに何度もペロペロ舐めて・・・ありがとうだったのかな。
普段はそんな事しないワンコだったものね。

呼吸は苦しそうだったけど大丈夫といいながら撫でてました。
そんな中ちょっと目を離した隙にアピィは急変したのでした。
下血をしたので慌てて拭いていたら口からも吐いた・・・
これでは汚れてしまう・・・とアピィパパとふたりでアピィを持ち上げたのです。
持ち上げて間もなく・・・アピィの頭から力が抜けたのでした。
その後シャンプー&ドライもして貰ってサラサラになって・・・。
最後の時間は自宅で・・・と望んでいた通りそれは幸せだったよね。


亡くなる2日前のアピィ。。。トイレまで歩くといっては
本当に一歩、一歩の体力でよく頑張りました。
アピィに負けないように毎日元気に暮らしてるよ。
s-がんば


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1年経ってやっと・・・

アピィちゃんはどんな最期を迎えたのかなぁ・・・って思ってましたけど聞けずにいました。
1年経ってようやく知る事が出来ました。
ブログで見せて貰ってたアピィちゃんは、元気そうなアピィちゃんばかりだったから、アピィちゃんの死は私にとって急な出来事でした。
・・・おいしそうにスイカ食べた写真のすぐ後でしたもんね。
でも、そうだったんですね、何となく想像はしてましたが、そうだったんですね。

アピィちゃん、幸せな最期だったんですね。


No title

去年の今頃は・・・ってどうしても思い出しますよね。
6月はきっと辛い季節だろうな・・・って心配していました。
アピィちゃんの思い出はチャミも一緒だった時だから、やっぱり二人を一緒に思い出しちゃうし、私も6月は梅雨空のような気持ちでした。
でも、最期はパパもママも居る時で良かったね。
親孝行だったね、アピィちゃん。

No title

e-491ちえみさんへ
思い出すのも辛いものがありました。
アピィが亡くなった事もメールするの嫌だったな・・・
やっと次の朝しましたけど全部のお友達に出来なくて申し訳なかったです。

アピィは何でもちゃんと理解してた頭のいい子でした。
だから残す時間も長くない事もわかってたのだと思います。

心残りを挙げたらきりがないですもんね。
いつかお迎えが来てアピィと会えたら~幸せだった?と聞いてみます。

e-491チャミママさんへ
今年はムシムシしてるけど昨年は涼しい6月でアピィも大分楽だったと思います。

チャミちゃんは12月ですね。
距離があると本当にチャミちゃんは居ないの?といつまでも信じられない気持ちだったことを思い出しますよ。

アピィが遺してくれた物は大きいです。
アピィのお友達・・・大好きな場所・・・
目に見えない物もある。

今はサフィの事を守ってくれているといいなと思ってます。
アピィより数倍お転婆さんだから・・・(^^;



アピィちゃん、1年ですね。
亡くなる前の情景っていつまでも心の中に残りますよね。
辛いから思い出したくはないんだけど…。
ブログを見返すのもなかなかできないですよね。
でも、そこに頑張ったアピィちゃんがいたことは確か!
きっとサフィちゃんの元気な姿を空から笑顔で見てるよ〜(*^_^*)

華の命日も6月なんですが、今年は自分のことで精一杯で忘れてしまいました(>_<)

No title

アピィちゃんが亡くなって一年。
ワンコがちょっと苦手で、皆の側に寄れなくて、
でも、あの牧草地ではいつも笑顔で走ってたなぁ~
やっぱりあの笑顔が好きだったー

何年経っても命日が近づくと、悲しくなります。
幸せだった?~って聞いてみたくなります。

No title

e-491yokoさんへ
悲しい事は思い出したくないのですが最後の日はなかなか・・・。
みんな、飼い主達は同じ気持ちなんだろうなって思います。
こうやって月日が経って悲しい思い出は薄れてゆくのでしょうね。

昨日近所でたまに見掛けるコッカーちゃんが散歩していたので嬉しかったです(私は車だったので話は出来なかったけど)
アピィと同じ年齢のバフの男の子なんですがもう目も見えなくてあちこち悪いようです。
今年14歳です!

華ちゃんも6月でしたね。。。
苺ちゃんの年齢を考えるとそんなに時間が過ぎていたんだ・・・と思っちゃいます。
シルバーバフで美人さんだったな♪
そうだ・・・yokoさんその後どうなんですか?と気にはなってます。

e-491キッチャンママさんへ
はい・・・一年です。

いつも思うんですがアピィくらい家族以外の人もワンコも苦手なコッカーっていないですよね。
だからシニアになって他の方からおやつを食べられるようになった事が最高に嬉しかったです。
まあ完璧じゃなかったけど・・・。
でも初めて行ったドッグカフェなのにオーナーさんの手からおやつを貰えた時はびっくりしました。
すごいすごい♪なんて喜んじゃった(笑)
アピィのような、そういうワンコだって居るのですよね。
でもアピが2頭めだったなら・・・もちょっと変わってくれていたかも知れないと思う事もあります。

牧草地はホントに好きだったな♪
駐車する前からヒンヒン鳴いてました。
楽しかったんだと思います!!
牧草地に行けたから幸せだったよ~って思ってくれているといいな♪

No title

アピィちゃんのいのちが鎮まってゆく様子が手に取るようにわかり、看取った3頭との最期の時と重なって、泣けました。

これからも、アピィちゃんが授けてくれたサフィちゃんとともに、健やかで豊かな日々を過ごせますように。

No title

e-491トチ母さんへ
根性のない飼い主は一年の月日が経ちようやく記す事が出来ました。

アピィがまだ居た昨年、トチ母さんと3頭のラブちゃんのページも拝見させて頂きました。
最後のクリちゃんを見送った時には・・・みんなみんなよく頑張ったね!という気持ちでした。
楽しそうに写っている3頭のラブちゃんの写真を見ればどんなにか幸福な犬生だったのだろうと想像出来ます。

ありがとうございます。
アピィとは真逆の性格のサフィ。
もしかしたらアピィが選んだサフィなのかも知れないな~と思う近頃です。




プロフィール

アピィのママ

Author:アピィのママ
アピィ(Arpy)♀
2002.11.28生
2015.6.25虹の橋へ
出生地・香川県

センリ(仙狸)♀
2007.9.6 生
出生地・茨城県

Since.2006.8.18

黒ねこ時計 くろック A04
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer
ブログ内検索
RSSフィード
リンク